お客様の声

"これだけ!ISO管理ソフト"導入の感想

日本トップ審査員と言われるAUDIX Registrars株式会社代表取締役齋藤喜孝による"これだけ!ISO管理ソフト"の感想です。実際の運用を審査したうえで、審査終了時にコメントをいただきました。

株式会社 リサイクル・アンド・イコール 様は、"これだけ!ISO管理ソフト"を導入し、信じがたい短期間でISO14001の審査を終了しております。ISOの取得は半年から1年半ほどかかると言われる常識を覆されました。 

 


産経新聞印刷株式会社 リーダーF様  ISO14001システム簡略化
マニュアルが無く、初めは違和感が有りましたが、このソフトを導入していく中で実行計画画面で全てを網羅出来ているのがすばらしく一番のスリム化を実感できるところで有ります。 ・部門・部署では作業手順書、進捗表がとても多かったが、ソフトににより各部門の文書が大幅に減り、それが一番のスリム化が実感できるところであります。・ 特に進捗表の入力はとても今までとは違い作業が簡素化されかつすぐに承認ルートに載るのでこれが一番簡素化を実感できるところであります。


秋田エコプラッシュ株式会社 ISO事務局K様  

ISO14001を超スピード認証取得
弊社にてISO14001認証取得すると突然決定しました。しかも8月末から初めて10月初旬に取得するとのこと。以前ISO9001に携わっていたことからISO事務局に任命され、8月25日からスタートして2週間での審査だと言われました。「はっ?」って感じです。常識的にとても無理だと思いました。また、取得後の管理も困難と判断しました。そんな時、田宮社長から勧められたソフトが《これだけ!ISO管理ソフト(これいそ)》でした。これいそ導入前に説明を聞きましたが、説明を聞いて自分で調べた作業ボリュームと余りにギャップがありすぎ、『これだけ?』と疑ったのを覚えています。昨日(2009/09/10)一次審査が行われ、審査が進められていくうちに不安な気持ちが次第になくなり、終わってみれば不適合なしの結果。

 これいそは、内容に遅れが生じていると容易に判断でき、何に遅れがあり進めなければならないか一目瞭然で、メールでも知らせてくれます。わかり易くスムーズに運用できた為、このような結果になったと思います。これいそ導入前の『これだけ?まさか?』が審査後、『これだけ!』に変わりました。また、頭の中の整理のしかたや本質の見抜き方が少し分かったような気がします。ISO以外の業務にも役立ちそうです。ISO認証取得や維持管理の改善を考えているのであれば、ぜひお勧めしたいソフトです。

 

大阪東部リサイクル事業協同組合 管理責任者H様 ISO14001システム簡素化

ISO14001認証を取得して3年目に入り、更新審査を迎える年度になりました。
取得の際には、全従業員が一丸となって取り組もうという意識もまだ強かったように思いますが、2年目、3年目と時が経つにつれて、「通常業務以外の付随的な作業」、「事務局(上司)に言われてやむなく取り組む作業」というような負担感が従業員の間で強まり、「目標管理のためのデータ取り」というよりは、「やらされているデータ取り」という意識が強くなったと感じました。
また、事務局においても、マニュアルの改訂や、システムの見直し等のたびに、申請、承認、書類更新、配布という作業が通常業務以外に発生し、負担に感じられるようになり、ありがちな使用用紙の削減という目標を掲げているにも関わらず、EMS管理のために紙の使用枚数が顕著に増加するという矛盾が起こってしまっていました。
なんとかして、業務負担を軽く出来ないか。システムをもっと軽くできないか。そして、真に効果のある環境影響管理、環境負荷の低減、全社的な目的意識を持った取組みができないか。と思っていたところ、「これいそ」を知り、さっそく㈱エコヒルズ田宮社長に説明依頼、見積依頼をしました。
とにかくシステムの軽量化がしたい。という要望をぶつけました。
すぐにこれいその説明を受け、このシステム導入が解決手段であるということが説明を受けて確信できました。
また、㈱エコヒルズさんには、このオンラインソフトの導入だけでなく、これまでのコンサルティング経験をもとに、システムの維持・管理、審査に関する相談を含めてトータルに相談でき、費用に十分見合うだけの効果が望めると感じ、早速上司に相談、予算申請を上げました。
「これいそ」は、オンラインでのシステム管理により、インターネット環境があれば文書の閲覧、計画の確認、目標達成状況の確認など必要な情報がすぐに取り出せるし、文書の更新も何枚もコピーをして紙を無駄に使うことも無く、それらの作業に係る人員、作業量も削減でき、結果的にコスト削減にもつながっていると実感しています。
維持管理における“作業”が軽減されることで、“改善”や“新たな目標設定”等の経営的判断や検討に力を入れることができ、“本業(通常業務)”に支障がでることもなくなろうとしています。
今後は、全社的にこのEMS維持管理も“本業”の一環として定着し、真にパフォーマンスを追い求められる組織へと向上していけたらと意欲に燃えています。

 

 

ISO取得/維持管理コンサルティング、システム簡素化、事務局代行等

株式会社西友 CSR推進室T様 ISO14001→CSRマネジメントシステム構築

 弊社は、1997年に小売業では世界で初めて全店舗・事業所でISO14001を同時取得しました。
ISO14001/PDCAマネジメントシステムは、さまざまな場面で活用できる優れたツールです。
マネジメントシステムを、より有効に機能するために、エコヒルズ様には、環境法令調査、文書の効率化、マネジメント層に対する教育プログラム等、多岐に渡り業務支援をいただき感謝しています。今後ともぜひ力になっていただきたくよろしくお願いします。

 

あいおいニッセイ同和損保(旧あいおい損保)Y様 ISO14001システム簡素化

エコヒルズさんとの出会いは、環境新聞の掲載記事でした。"ISO維持管理サービスで急成長"という見出しに目を引かれ、早速電話をして訪問したのが始まりです。当時の弊社の課題は、本社で3年前に取得したISO14001を全国500の拠点へどう推進するかです。その為には、本社のマネジメントシステムを小さな拠点でも展開できるスリム化が必要だったのです。そこでエコヒルズさんに相談した結果、大上段からバッサリやっても、その後の維持や改善推進に障害をきたす可能性も払拭できないことから、ステップを踏んだスリム化の道を選択しました。そのステップは、

1. 環境法の順守チェック 

環境法(廃棄物処理法等)の適用と順守状況を法教育も兼ねてアンケート形式で、まずはコンプライアンスの確保を図りました。

2. 内部環境監査のスリム化 

従来の監査は、監査ユニット数が多いことから、監査シートの種類の多さと合い間って、紙が行ったり来たりで混乱の要素となっていましたが、4シートを1 シートに簡略化し、更に社内の電子掲示板を活用することにより、紙の行き来や承認印の煩雑がなくなりました。そのことから改善に集中する監査になりました。

3. 内部監査員研修のスリム化 

従来、内部監査員研修は、2.5日(予備研修)をかけ、膨大な資料準備が必要でした。ともすれば紙の使用量は環境に逆行するとまで言われました。紙の問題、集合教育という制約を改善する為、エコヒルズさんの「e-ラーニング力量アップ内部監査員養成研修」を活用し、実務研修1日を統合した研修を実施してもらい、大幅なコストダウンが図られました。

4. 環境マニュアル、規程類のスリム化 

規格要求事項、マニュアル、社内規程、個別規定を一目で見れるよう1シートに統合し(A4、7ページにスリム化)、なおかつ、従業員が理解し易いよう、文書、用語を見直し、シート数も減らしました。 

上記のステップを踏んで、ようやくコンパクトなEMSが完成しました。すべて電子化されていることもあって、ここまで負担の軽いシステムなら、今後、全国拠点への展開が可能であると確信しました。 今回のエコヒルズさんのスリム化で得たもの・全従業員が難解な規格要求事項を理解していなくても、自社規程を守ることで、環境活動の輪が広がること。・意味のない作業が大幅に減ったこと。・改善に集中出来るようになったこと。等エコヒルズさんに支援を依頼して、本当に良かったと、大変満足しています。今後ともよろしくお願いします。

 

アーバンシステム株式会社 小柴社長様  ISO9001&ISO14001維持管理、事務局代行

先日、1回目のISO9001とISO14001定期審査を終了しました。おかげさまで、不適合も観察事項もありませんでした。また、審査員の方からは、ISOの規格要求事項をベースに、独自の教育訓練や改善活動の仕組みを組み込みで運用していることについて、お褒めの言葉もいただくことができました。「ISO9001&ISO14001維持管理サービス」が適切に弊社に機能した結果かと思います。
ISOを導入し1年後、具体的に下記のような効果を実感しています。
売上げ拡大が確実となった。
経費が削減された。
社員に自信が生まれた。
社員が自分の立場をよく考えて行動するようになった。
社員が常に売上とコストを意識するようになった。
部門内、部門間、個別のミーティングが非常に多くなった。
ミーティングでは必ず何らかの結果を出すようになり、問題・検討・決定・行動までの時間が短縮されるようになった。
意見を述べる時にその根拠を明確に言えるようになった。
会社内の全てにおいて透明性がでてきた。
社員による問題解決と継続的改善が日常的になった。
ISO認証取得後の維持管理に苦慮されている企業も多いと聞きますが、弊社ではISO関連業務の一部を株式会社エコヒルズさんに委託して、社員への負担軽減はもちろんのこと、上記のような期待以上の効果も得られ、大変満足しています。


株式会社イシバシ機工 石橋専務様 ISO14001認証取得、維持管理

弊社はお取引先様がISO140001を既に取得されているところが非常に多く、義務とまでは言われておりませんが、強制的に取得を促されるくらいなら進んでやろうと決意し、又この悪化している地球環境を見直す意味でも取り組むべきだと考え、昨年春頃からセミナーなどには積極的に参加し準備を進めて参りました。
 そして仕入れ先のご紹介によりエコヒルズの田宮さんにお願いしたわけですが、正直に申しますと、こんな若造に助言なんて出来るのかと言うのが第一印象でした。
 ところが、お話させて頂いてますと、なかなかどうしてしっかりした考えの持ち主で、我々工具商業界で活躍されていたと言うこともあり、全てをお願いすることにしました。
 まずは7月29日キックオフで、どうせ取るなら早く取ろうという決意の元、3カ月くらいを目標に計画を立てて頂きました。
 そして12月8日本審査で合格通知が1月16日と日数的には少し3カ月よりかかってしまいましたが,ほぼ計画通りに進めることが出来ました。
 不適合,観察事項など一件も無く認証頂けたところはかなり少ないと聞いておりますので、これは田宮さんのおかげだと感謝致しております。
 他のコンサルタントは経験が無いので解りませんが、田宮さんのよかったと思うところは、まず全てをやってくれるのではなくヒントを頂いて自分で考えるという方式を取って頂いたことでは無いかと思います。
 この3カ月は高校時代に戻ったかのように久々に勉強したような気がします。
 ISO140001維持管理サービスについては、実際初体験ですので紙管理の大変さは実感しておりませんが、実際に紙により管理されてるところのお話を聞く限りは格段に良いと思います。
 取得も大事ですが、何年も維持改善していくことが大切ですし今度は利益に結びつけて行かなくてはいけません。
 その辺のところの助言をこれからもお願いしていきたいと考えております。
 1年後成果をご報告出来れば幸いです。


株式会社山下 山下社長様 ISO14001取得ネットコンサルティング

実は、ISO14001の認証取得に向け、他社のコンサル会社にご指導いただいて活動をしておりました。
 しかし、1年半たっても全く認証取得の目処がつかず、社員の士気も下がり、ほとんど諦めておりました。
 そんな折、偶然エコヒルズさんを知り、ISO事務局委員に加わっていただき、ISO14001の認証取得を再スタートした結果、みるみる内にマニュアルや手順書、記録などが改訂・整備されていきました。また、単に体裁だけではなく、これまで納得がいかなかった環境影響評価の手順も、自動車解体業特有の矛盾展も解消され、自分達の思っていたものを形にしてもらえました。
 そして最も驚いたのは、エコヒルズさんにお手伝いをお願いしてから、たった2回来ていただいただけで、3ヶ月という短期間で認証取得ができたことです。不適合もありませんでした。これは、文書管理システムで、進捗状況を管理していただき、訪問回数が少ない分、ネット通信教育でカバーしていただいたことが大きかったと思います。
 その他の感想としては、会社全体の連帯感が生まれたように思います。これまでは、私から、一方通行だった社員とのコミュニケーションも、一緒に悩み、考えるということができるようになり、社員・部門長が仕事上での良いこと、悪いことを明確にし、それぞれに自覚がでてきたように感じます。社員と会社が変わってきたことが実感でき、本当に感謝しています。
 今後は、私本来の経営者としての仕事に専念するために、認証取得後の維持管理を、引き続きエコヒルズさんにお願いすることにしました。1年後、2年後の改善結果がとても楽しみです。
 今後ともよろしくお願い致します。


TEL 03-5959-5749

農業復興ボランティア活動

東日本大震災被災農家の復興を支援しています。個人及び企業の協賛を募集しています。講演も承ります。

みんなで応援!被災農家応援復興プロジェクト  ▼J-wave出演

社長ブログ

代表取締役

田宮かいち

 

公式ホームページ

ウィキペディア

facebook(近況報告など)

twitter(日常のできごとなど、フォロワーは37万人を超える)